モンスターカレンダー

« 2010年7月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

わし流・水出しコーヒーの淹れ方

| コメント(0) | トラックバック(0)

我が家で水出しコーヒーを作る時に使っているのが、

DSC00703

HARIO 水出し珈琲ポットミニ 5杯用 600ml:MCP-7B

ちなみにAmazonではこんな価格です→

※この他に8杯用(1000ml)もあります。

 

これに、珈琲豆を

DSC00704

これくらいの分量を 4杯

 

DSC00706

Kalita ナイスカットミル の3.5の粗さで挽きます♪

 

挽いた珈琲豆をストレーナー(ポットの中に入れるフィルター部分)に入れると、

DSC00708

これくらいの量になります。

 

このストレーナーをポットにセットして、我が家で登場するのが・・・

DSC00709

ミルクピッチャー(耐熱ガラス製)

 

これにお湯を入れて、

DSC00710

豆を蒸らす時に使います。

 

実は・・・ポットのお湯で豆を蒸らそうと思うと、

予想以上にお湯が出てしまって蒸らしをよく失敗するので、

このミルクピッチャーは、ホットコーヒーを淹れる時にも使ってます(;^ω^)

 

豆が蒸らし終わったら、

DSC00711

お水をフィルターの白い部分の上くらいまで注ぎます♪

 

そして、フィルターの目詰まり防止とお水をムラ無く行き渡らすために、

DSC00712

お箸やマドラーをフィルターのへりにつけてゆっくりグルッと回します。

 

最初に入れたお水が、フィルターを落ちていったら再度水を投入!

我が家では、最初に入れた同じ分量の水を3回入れて、

DSC00713

だいたいこれくらいの分量で仕込みます。

 

そして、冷蔵庫で冷やして8時間経ったらフィルターを取り出して完成!

これだけで、スッキリとした水出し珈琲ができあがります( ̄ー ̄)bグッ!

 

時間を逆算して夜に仕込めば、朝食のアイスコーヒーに!

 

その上、お湯をほとんど使わずに珈琲を作るので酸化しにくく、

タンブラーや水筒に入れて持って行けばお昼休みや休憩時間にも飲めます(o ̄▽ ̄o)

 

是非一度お試し下さい♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://coco-blog.actash.net/mt/mt-tb.cgi/833

コメントする