モンスターカレンダー

« 2012年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

アイテム☆の最近のブログ記事

昨日、初期設定および取り付けが完了したGARMIN(ガーミン)・EDGE500。

きょうは使用感の確認のため、試走してみました♪

 

と思ったら、折角作ったドリンクを忘れ・・・・後輪のVブレーキが調子悪し・・・

で、1時間のロス!

目的地はナゴヤドームにして、周辺フラフラして、写真も撮って~なんて出来なくなりました(; ̄ー ̄)

 

そういうことで、目的地を今全国で一番土地価格が上昇していると言われる

緑区徳重にある ヒルズウォークへ 行ってみました。

・・・とその前に、EDGE500のスイッチをON!なんだか懐かしい電子音と共に起動しますw

DSC01436

GPSの設定をしている間に、ケイデンスセンサーやハートレートセンサーの電波も拾っていきます。

DSC01437

約1分後、標準の画面が表示されます。

 

データを記録するためには、スタートボタンを押す必要があるんですが押し忘れると、

ちゃんと表示されます(^-^; ※デフォルトで1度だけ表示で、設定は変更できます。

 

そして、ゆるゆるとヒルズウォークへ行って、丸亀製麺でうどん喰って、すがきやでソフトクリーム食べて、

サントスさんへ寄って、無事に帰宅~♪

これでアプリ確認用のデータが出来ました(* ̄▽ ̄*)

 

早速、純正のアプリである Training Center(→DL先)に取り込み!

SS000036

って・・・地図真っ白かい!!Σ(゚д゚lll)

地図の表示とかよくわからないので、(ググったら地図データが必要とのこと。多分有料)

 

他のアプリをいろいろとググった結果、SportTracks 3.0のフリーウェア版をダウンロード(→DL先

同じデータをインポートすると・・・

SS000037

地図表示の設定を選択するだけで、ちゃんと出ました♪

いろんな表示や設定ができるみたいなので、使いながら修正になりそうです(`・ω・´)

 

データの確認が終わってから、ふと・・・『コレって最新のファームウェア?』と思い返し、

GARMINのサイトを見ると、最新版じゃなかった・・・(=_=;

という訳で、WebUpdater software(→DL先)なるアプリをダウンロードして、インストール。

USBケーブルをEDGE500本体と接続して、アップデート!

アプリの完了を待って、USBケーブルを外し、本体の電源を入れて、ファイルの更新・・・。

これで、最新のファームウェアになりました!

 

そして、そのついでに本体の画面表示をカスタマイズ。

カスタマイズ方法はザックリいうと・・・

画面の分割パターンを選択 → 分割した画面の項目を選択 で完成。

3画面もあるので、いろいろ表示できて楽しいです♪

 

これで気合い入れて、走れそうだ!(;^ω^)

久しぶりのMTBがらみの記事~(滝汗)

 

サイコン(サイクルコンピューター)はシマノのサイクリンクを使っているわしとモカ。

もうちょっと解析したいわしとしては、ケイデンス(クランクの回転数)を計測できるモノがいいなぁ~

と思っていたら、ふとしたきっかけでGARMIN・EDGE500を知り、

値段を見てみたら・・・

標準小売価格: 48,300円(税込) → 国内代理店 ってボッタクリの値段(´Д`)ハァ

 

んで、以前海外通販で使用したお店を観てみると・・・25000円前後!

おぉっ!コレなら買える!とにわかに色めき立ってきました♪

 

ならばと、ヤフオクで調べてみると個人輸入物っぽいものがチラホラ出ています。

その中で、よさげなものを軽い気持ちで入札したら・・・

DSC01402

落札しちゃいました(⌒▽⌒;)

 

DSC01404

内容物はこんな感じ。

もちろん、海外直輸入モノなので日本語対応にはなっておりません。

画面の表記も、マニュアルも英語などの外国語ばかり。

でも、英語ならなんとなくわかるので問題なし!?w

 

いざ、初期設定!ですが・・・やっぱり英語が心許ないのでググってみると・・・

あつし様のブログ:親子で自転車のブログ にて写真入りの解説を発見!

サクッと、初期設定は完了♪

 

次は、取り付けです。

DSC01407

まずはスピード&ケイデンスセンサー(GSC10)から~

 

MTBの・・・

DSC01406

この辺りに取り付け~ (MTBが汚いのはご了承下さい(;^ω^))

 

ケイデンスのセンサーをクランクに取り付けるんですが、

DSC01409

クランクの裏側が肉抜きのために削ってあって取り付けにくい

 

そこで、厚めの両面テープを使って、

DSC01411

DSC01413

試行錯誤の上、

DSC01414

取り付け・・・。

 

が、しかし!

センサーとの距離が遠すぎて、反応せず・・・_| ̄|○

 

結束バンドを切って、やり直して、

DSC01421

この位置へ変更

 

センサーとの距離は・・・

DSC01419

1-2cmくらいで、無事反応 ε-(´∀`*)ホッ

 

次は、スピードセンサー用の磁石をスポークに取り付け。

DSC01417

こいつはスポークに挟み込むだけなので、問題なく終了!

だったんですが~ ネジで締め付けるだけで心許ないし、若干スポークとのかみ合わせが悪い。

 

なので、

DSC01427

今まで使っていたサイクリンクのセンサーを流用

もちろん、反応しました(= ̄▽ ̄=)

 

 

確認時のセンサーの反応の様子を動画でアップしてみました。

 

そして最後に、EDGE500本体のマウントを装着。

まずは、今付いているサイクリンクのマウントとセンサー部分を取り外して、

DSC01425

DSC01426

ゴム製のマウントラバーを下に敷いて、マウントの溝を横にして載せ、ゴムリングでたすき掛け。

ゴムが若干固いものの、結構すんなり装着できました。

(※女性だとちょっときついかも・・・)

 

これで、ひとまずMTBへの取り付けが完了♪

きょうは、ここで力尽きますた・・・(=_=;

EDGE500本体の表示設定や、純正アプリのTrainingcenterやフリーウェア、

Garmin Connect なんかのレビューはまた後ほど~

MTBlog50c3BetaInner

提携サイト

最近のコメント

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.13-ja